保護した捨て猫ちゃんすごい夜泣きでした。今も箱の中で鳴いています・・・

昨日保護した捨て猫ちゃん。初日の夜泣きがすごいことは先に亡くなったあんずでよくわかってはいたものの、想像を超える声の大きさでした。時折かすれたようになったりしていて、聞いていてもちょっとかわいそうな位でした。

少しでも落ち着けるように段ボールハウスと広場的なものを作ってみたものの、段ボールハウスから一歩も出てこず中で時折鳴いている状態が午後になっても続いています。

外に出てエサを食べてくれないので、そーっと段ボールハウスに入れてあげるといつの間にかに無くなっているような状態です。水も入れてありますが飲んでくれてるかなぁ。あんずの時は足が悪かったのでよく様子を見れるように深めの段ボールで蓋は開けた状態にして毛布などをかぶせていましたが、黒白ちゃんはちょっとでも落ち着けるようにと文鳥の巣箱調になっているので中がほとんど見えません。

落ち着かせるためには暗くて狭い場所・・・とは思うのですが、様子が全く分からないのでちょっと心配です。ますます怯えてしまうといけないので段ボールの中から引っ張り出すわけにもいかないし・・・。

というわけで今日も様子見状態です。少量ずつ数時間おきにエサをあげ、水はエサがなくなった後次のエサの時まで段ボールハウスに入れてあげてます。落ち着いてそのうち出てきてくれるかなぁ。

スポンサーリンク

気に入った情報だったら拡散してくださいね

よかったら購読してやってください

トップへ戻る
関連情報>> モモの日記
捨て猫ちゃん初日の夜は・・・

あんずを保護したときの記憶がよみがえってきますね。 よく鳴いています。声は「ニャオーン、アオーン」っ...

閉じる