「いのちをすてないで」

数日前に猫ちゃんたちのエサ場に張り紙がしてありました。誰がしたのか(してくれたのか)はだいたい見当がついています。

私としては、保護した経験もあるし、長年やられてる方も何匹も保護しているのを知ってるし、一昨年には

 昨年の夏前位でしょうか?ちょっと前の話になりますが、ここで猫ちゃんがまさに今捨てられる、置き去りにされる現場を目撃してしまいました。 ...

と現場も目撃しました。当時は何も思わなかったから犯人を捕まえることはできませんでしたが今だったらすごい勢いで声かけるんでしょうね。ただこういう人は場所を変えるだけで結局・・・だと思うともっと悲しくなります。

ここの猫ちゃんたちはたびたび書く通り全員不妊処置済みの仔たち。だからここの中から自然に殖えることはないんです。

でも猫嫌いの人たちからすればそんなことを知らない人も多いし、何よりここに猫がいるから捨て猫が出るんだ!!なんて決めつけてる人もいると思います。ここの猫ちゃんたちだってもともとは捨て猫なのに・・・。

そして猫嫌いだから捨て猫があっても見てみぬふりでしょうし、井戸端会議でもやっぱりここに猫がいるから捨て猫が出るんだ!!となるのでしょう。

問題は捨てる人の気持ち。捨てられた猫ちゃんを見ることはあってもなぜ1か月半以上一緒にいた猫ちゃんを捨てるのか、捨てることになったのか、すてなければいけなくなったのか、聞いてみたい。

この張り紙によってここでの捨て猫は減るかもしれないけど結局よそで・・・とならないように考えを改めてもらえることを切に願います。

スポンサーリンク

気に入った情報だったら拡散してくださいね

よかったら購読してやってください

トップへ戻る