11個しか入っていないチョコレート | がんばれ!わが町名古屋の地域猫&我が家の家ネコ日記

11個しか入っていないチョコレート

某スーパードラッグで販売されていたチョコレート。安い商品なので仕方ない・・・とも思ったのですが、やっはりこれはちょっと・・・ということで掲載することにしました。

なんと、ちょっと大き目なパッケージに11個しか入っていないではありませんか~♫♫(この番組終わってしまいましたね、残念)

昔はもうちょっといっぱい入っていたんだろうなぁということが想像できるようなスカスカ状態。

これに限らず最近のお菓子って袋が一緒で価格が一緒でもサイズが小さくなったり容量が少なくなったりで残念なことが多いですね。特におせんべいなんかは○○枚と表示してあるので、1枚あたり何gのお菓子でも○○枚は○○枚。それで価格据え置き、企業努力してますって言われてもねぇって感じ。

冬場になると何故か食べたくなるチョコレート。一説にはエネルギー価が高いから栄養を蓄えようとする本能らしいですが、年々小さく少なくなっていくチョコレート、そのうち中身からっぽになるのでは??と心配しちゃいますね。

おまけに野菜は天候不順だといって価格高騰、特に葉物野菜は去年の倍ぐらいしてるんじゃ??と思う位高騰してますね。スーパーでは不揃いの(規格外というらしい)野菜を安く販売してくれていますが、一般消費者からしたらこれで充分。

規格規格で縛って見た目ばかりいい野菜売ろうとするから農家も大変、よくテレビなんかでは「これ廃棄なんですぅ」なんてやってるところ見ると、畑で採れる野菜をきれいに消費したらこんなに高騰することもないような気がしますね。


スポンサーリンク

シェアする

Copyrighted Image

ページ先頭へ