そういえばいつの間にか大人になったように感じるモモ君・・・

2016年6月4日に保護したモモ君。大切に飼うと決めてから知らず知らずのうちに随分時が過ぎました。

保護したときのモモ君はこんな感じ

ああ懐かしい懐かしい・・・

続いてすぐにマロンとミクという兄弟??かもしれない猫ちゃんを保護して3匹になり、ドタドタバタバタ。大声で鳴くし、3匹で夜中に大運動会だし、すぐに喧嘩が始まるし、トイレ覚えたと思ったらいきなりソファでこっち見ながらおしっこし始めるし・・・自宅で子猫の世話をしたことがなかった私はただただイライラするばかりでした😡😡

それからしばらくして、マロンとミクは無事に里親さんのところへ

1匹になって少しはおとなしくなるかと思いきや、最初は何にでも興味を持ってぐちゃぐちゃにし、大切にしていた鈴虫もちょっと外出している間に全部食べられてしまいました。そして決まって夜中の3時半に決まってヒートアップするし、植木も撤去、部屋の飾りも撤去・・・とにかく部屋は何もなくなりました。

食事をするときもそれまでは座卓で食べていたのに・・・何でも食べようとするし、叱れば暴れるしでテーブルで食べるようになり、ひどいときは立ち食いになることもありました。

それから約8か月、最初はこのままのやんちゃが続いたらどうなることかと心配していました。

ところが・・・

猫ちゃんの成長期が8か月前後だといろいろなところで見聞きした通り、生後日数からすると昨年末位でモモ君も大人??になりました。

最近では食べ物に興味は示すものの「自分のための食べ物じゃない」ことが分かって台所でも遠くからじーーーっと見守って??る感じになったし、座卓で食事しても特に「食い物よこせーーー」って来るわけでもないし。

夜も特にひどく暴れることなく一緒に眠るようになりました(夜中に何かを呼んで鳴くことはありますが・・・)。

本当に大人になったと思います。すごく落ち着いたと思います。生後1年位が勝負なんですね、きっと。

まあたまには


こんな風に恐い顔で襲い掛かってくることもありますが、熱い時間は短くなっているように感じます。

猫は目下の猫を舐める習性があるようですから、モモ君にとって私とたかさんは、ペロペロしてくるからきっと「手下」か「仲間」なのでしょう。まあそれでもいいか。

ただ、今後他の猫ちゃんを迎えるつもりもないし、モモが外へ行くこともないから、マロンとミクがいなくなった後もこれからも、多分恐らくきっともう猫と会うことはないんでしょうね(ひょっとするとリード付けて公園で散歩なんてこともあるかもしれないけど)。

だから、手下でも仲間でもいいのでこれからも目いっぱい愛情を注いで、時には遊んで、時には闘って・・・で仲良く過ごして行こうと思います。


スポンサーリンク

シェアする

ページ先頭へ