アルバイトに欠勤の違約金・・・違法だけど気持ちは分かる

モモのネタではありません。少し前にニュースで出てて気になってたのですが、書類送検されたというニュースで思い出しました。経緯としては大手コンビニでアルバイトを雇うときに「欠勤したら違約金を徴収する」旨の契約を交わし、実際に違約金を取られたスタッフがいるというもの。

結果的には労働基準法違反なので書類送検され、違約金は返金、完全に店側が負けた形にはなりました。

でも・・・むかーーしむかし私も小売業にいて店長経験もあり、アルバイト数人とともに働いた時期がありました。小さい店だったので正社員は私一人、他は全員アルバイト。

面接のときに「希望時間数(収入)と休日は確保するようにするから、自己管理はしっかりして欠勤はなしにしましょう」というのが効いたのか、幸いにもスタッフに恵まれて私も含め欠勤ゼロでした。ただ他の店長からは結構いきなり休んで穴があいてしまったので急きょ出勤なんてこともよく聞きました。

アルバイトだから・・・と区別するようなブラック??というか社員が偉い的な考え方をする企業は星の数ほどあるとは思いますが、アルバイトのみでその日やその時間を運営する形態の会社や店にとってはアルバイトも社員も関係ない。ましてやコンビニのように24時間365日動いている店にとってはスタッフは宝だと思います。

おそらくニュースになったのはFC(フランチャイズ)で、家族経営しつつアルバイトにも頼りつつという形態だと思われるので、穴が開いたら別のスタッフ・・・ではなく夜勤開けの家族がフォローしたりするんでしょうね。

そんな中突然辞めるスタッフがいたり、その日の「今??」って時間に電話かかってきたり、時にはメールで来たりが続いたら・・・こんな契約をしたい気持ちも分かります。法律云々ではなく「モラル」の問題だと思います。

それなら面接でしっかり見ればいいじゃん!と思うかもしれませんが、あんな短時間で人間性が分かるわけでもないし、履歴書なんて見たって何もわからない。時には本当に店が回らなくて仕方なく・・・という場合もあると思います。なんて書いたら働く側から怒られるかもね。

でもそれでも店は開けなきゃいけないんです。だから・・・気持ちは本当に分かります。まあ、そこのコンビニの経営をしている方も知らないわけですから一方的に経営者を擁護するのもうがった見方ですけどね。

ちょっと気になったので・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image

ページ先頭へ