愛車が車検から戻ってきた&全日本卓球選手権

一通り点検してから車検に出したので、トーシロー的に見れる部分はクリア!!だったのですが、見えない部分は仕方ないですねぇ。

今回引っかかったのは右リアブレーキのシリンダー部分のオイル漏れ。漏れているというほどではなく滲んできているという感じでしたがこれでは車検を通すことはできないとスッパリ言われました。まあ、一度漏れ出してきているものが自然治癒する可能性はないので交換することに。

あとはお約束の発煙筒(LEDになったんですね。これで寿命が延びるのかしら・・・)、それから工具があれば自分でできるものの、なかなか専用工具を使う機会もないスパークプラグ。見るからに電極が摩耗してましたからこれも交換(昔モンキーをカスタマイズしていたので少々知識はあります)。

あとは特に引っかかるところもなかったです。とはいえブレーキシリンダーはお取り寄せ部品だったので一時お預かりになり、代車とともに帰宅しました。そこから1日、部品が届くの速いんですねぇ、早速車検完了!!

法定費用と整備料以外で大きくかかったのはこのブレーキシリンダー交換だけ、費用も最小限に収まったと思います。

今回車検をやっていただいたのは「速太郎」というフランチャイズの車検工場。車検の期限までぎりぎりの状態で予約するもきちんと時間を空けてもらえました。当日もたくさんの車と待合の人がいたことから、ホームページにある車検台数1位というのもわかります。

その場車検というのが特徴で、きれいな待合室と元気な挨拶、丁寧な応対、そして何より整備に関して「必要な整備」と「次の車検までは大丈夫でしょう」という項目、そして「今は大丈夫だけど時期を見て整備した方がいい」という項目に分けて説明してくれ、車検工場でありがちな
最大の整備箇所からいらないものを省いていく
というセールス?の方法ではなく
最小の整備箇所から必要、または必要と思われるものを足していく
という方法なので、何も知らない人でも非常に分かりやすいと思います。本当に全く無理売りや無理押しはしてこないのでユーザーにとっては感じがいいですよ。

場所によるかもしれないけど今回持って行った工場は待っているロビーもすごくきれいだったし、飲み物もあるし、私の車は預けて検査だったので見れませんでしたが、待っている間に他の車の検査項目と合格・不合格が電光掲示板で表示されるところなんかはドキドキしつつ安心できる演出だと思います。

今度車検に出すときも、私は速太郎でお願いしようと思います。

「車検の速太郎」なら検査費用が、13,000円(税別)のワンプライス。代行料は0円。予約制で最短45分、その場で乗って帰れます。国家資格を持った検査員が、専門用語を使わずわかりやすく説明するから安心車検なら安い・速い・安心の「車検の速太郎」にお任せください。

一応ホームページへのリンク載せておきますね。

ここから関係ない話になります

先日から開幕した卓球の全日本選手権(天皇杯・皇后杯)が今日・明日とテレビで放送されます。

昔は日曜日(最終日)の15時から1時間半位の放送だけだったのに、準決勝から2日も放送されるなんて、ファンで元やっていた人間にとってはうれしい限りです。

今年は誰が優勝するのかなぁ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Copyrighted Image

ページ先頭へ