モモ君も茶くんもいつのまにか一緒にこたつの中

当たらない猫パンチと勢いづいた近づきで「あーそーぼっ」って茶くんへ寄っていくモモ君。でも茶くんは「なんだこいつ・・・」って感じの冷静な対処でほぼ無視。しまいには自分の発泡ハウスへ逃げ込んでおしまい!!これがモモ君と茶くんの日常。

でも最近ちょっと変わってきたんです。

モモ君は相変わらず・・・「そんなに熱く行くから逃げるんだよ!!」の助言をよそに「だって俺っちまだ1歳だもーーん」と態度を改めるつもりはないみたいです。

変わったのは茶くん。何となくモモの近くをわざと誘ってるんじゃない?わざとモモを挑発しながら別の部屋へ行ってるんじゃない?というのがこちらから見ててわかる位になってきました。

仲良しになるのも時間の問題かもしれません。

そして最近に至っては、寒いこともあり2匹で仲良くこたつの中。2匹とも長ーーーくなっていてなんとも微笑ましい限りです。まあ人間の足の入れ場所がなくなってちょっと困ったことになってますけど何とかぐいっと避けて足を入れてます。

最初は茶くんがこたつに入ったらひからびちゃうんじゃ??と心配してましたけどこれだけ元気になったら全く問題ないみたいです。腎不全のため飲水量は多いですけど食欲旺盛ですからね、今のところ全く心配ないと思います。

よく新しい猫が来るとすごい勢いで喧嘩したりってのを見ますけど、決して強くはパンチしない優しいモモくんと、マイペースな茶くんの組み合わせはよかったみたいです。

徐々にでいいからこれからも仲良くしていくんだよ!!

ただ夜中はちょっと様相が違って、モモ君は私の布団の中、茶くんは遠くからじーーっと見ているので、モモは茶くんのことが気になって仕方ないみたいです。ちょっと一緒に寝てたかと思うとすーっと布団から出て行って小さな運動会。そしてほとぼりが冷めるとまた再び布団の中へ。さっさと入ってくればいいのに、わざわざ布団に手を入れて「入れてくれー」と顔に軽く猫パンチ。そのたびに起こされるこちらの身にもなっておくれ・・・。


スポンサーリンク

シェアする

Copyrighted Image

ページ先頭へ