2021年度から名古屋市では小学校の部活が廃止されるそうです

目に飛び込んできたニュース記事。名古屋市教育委員会で2020年度をもって小学校の部活動(課外クラブ)が廃止になるそうです。

教師の負担軽減が主な理由のようですね。

市教委、20年度末で廃止方針を明らかに 名古屋市教育委員会は5日、市立小学校の部活動を2020年度末で廃止する方針

私は小学校では課外クラブ(古い?)に参加してませんでしたが、中学以降では部活動に大変お世話になりました。

当時「なんでこんなにやる気のない人が顧問なの」なんて思ってましたが顧問の先生がボランティアだったというのは大人になってから分かり、そんな風に思っててすみません・・・と懺悔する気持ちです。

この勢いで中学校も・・・ということになれば、何かをやりたい人はお金を払って教室に通え!!ということなんですかね?ますます格差は広がるばかりでは?と思います。

昔は高校の受験のときアドバイスをくれた学校も今では何も教えてくれず学習塾に通って教えてもらうしかない時代、そこへスポーツや教養を得たかったら〇〇教室に通えって・・・子を持つ親はますます大変だと思います。

1年生のときは強制的にどこかの部活に所属しなさい!!で渋々入部したら面白くなって・・・というきっかけは作れなくなるんですね。教室通うだけでもお金かかるのに、指導を受けるのに装備や道具を買いそろえる必要もあるんですからね。

小中学校の部活だと最低限のものだけ揃えれば誰でも参加できるので、子供の「やってみよう!!」という気持ちを応援しやすいんですけどねぇ。

金がなければ何もできない、それが子供にも・・・大変な時代になりました。


スポンサーリンク

シェアする

Copyrighted Image

ページ先頭へ