いやだいやだ、冷房はきらい!!

このメチャ暑いのに、茶くんはわざわざ暑い部屋に連れて行き、ブラッシングをねだります。
『 ハイハイ! 僕の部屋へ行くよぉ~ 』
と、振り返りながら連れて行き、自ら横たわる・・・・・。
恍惚状態でじっとしている茶くん。

付き合わされる人間は、暑くて暑くて・・・・・。


スポンサーリンク

シェアする

ページ先頭へ