空前の猫ブームほど恐ろしいことはない

地域猫 名古屋 ヤンヤン

 今日は2月22日、ニャンニャンニャンで「猫の日」と言われています。語源はバレンタインデーなどと同じで業界の振興のために作られたものだと言われていますが今年はテレビでもやるほどの「空前の猫ブーム」となっているようです。

ホームセンターなどにあるペットショップに行く機会もあるので行くと必ず覗いていますが、少し今まではペットショップでも申し訳程度の猫ちゃんしか扱ってなかった(20匹分の展示ゲージがあったらせいぜい1~2匹)のに最近ではブームに乗って猫ちゃんの取り扱いが増えているのが分かります。

もともと猫ちゃん業界は犬のように代表的な血統管理をする団体がなく、種の固定をしている繁殖者が独自に行ういわば「認可制」のような形で血統の証明が行われているためショップで購入するよりも有名なブリーダーからというのが通常だったため、ショップでの扱いが少なかったと聞いたこともあります。

また、ワンちゃんよりも一匹オオカミ的な性質なので、性格で選ぶというよりはより血統がしっかりしていてより気に入ったスタイルの猫ちゃんを探すことが多く、言い換えれば「コレクター」的要素が強いのもショップで見かけなかった要因だと聞いたこともあります。

それが扱いを増やしているということは・・・やっぱり猫ブームなんでしょうね。

猫の人気が上がるのはうれしいことですが、一番危惧したいのはやっぱり「外猫の繁殖」捨て猫の問題。突然いなくなったと思ったら何日かして帰って来た、とか、外に出たい出たいというから一日数時間は自由に外へといった理由で猫ちゃんたちが外を闊歩し、飼い主の知らないうちに不幸な仔たちを作っているかもしれません。

○○ブームと世間で言われるのはある程度事柄が盛り上がった後なので、今は円熟期かなとは思いますが、なおさら火付け役になった仔たちが最初の繁殖時期を迎えるかと思うとちょっと心配になります。どうか、飼い主さんは外猫にする前に避妊・去勢をしていただき、不幸な猫ちゃんを殖やさないようにしていただきたいです。そして産まれた仔たちは責任をもって次の飼い主さんを見つけてもらうという基本的なことを守っていただきたいです。

スポンサーリンク

気に入った情報だったら拡散してくださいね

よかったら購読してやってください

トップへ戻る