へぇ~、そうなんだぁ・・・・・。

文献で猫の本能、習性、心の内を調べたところによると。
動物が生きる目的は種の存続。
それも、優秀な種。
群れを成して、その中での交配は血が濃くなり、優秀な種が出来ないので、遠く放浪して相手を探すのです。
飼い猫は、猫の本能を制約してしまっている、ある意味可愛そうなことです。
雄猫が子育てをしないのも、多くの子孫を残すため、次の相手を探す為だそうです。
猫の行動は、すべて本能のままです。

野良ちゃんで、群れを成してるのは親子か姉妹で、オスは単独行動だそうです。
ここの地域猫で、確実親子だとわかってるのが、トラと愛想なしです。
いつも寝る時は一緒で、狭いところで体を温め合っています。
それを考えると、いつも一緒のヤンヤンと茶ちゃん、隣に段ボールハウスが、もうひとつ或るにもかかわらず、わざわざ一緒に寝てる。
多分血縁で結ばれてるんだぁ~。

猫のストレスに交尾できないストレスがあるようです。
外に出れない飼い猫は、発情期になるとソワソワ、イライラ。
それを抑制するためにも、避妊去勢手術をするのが、猫のことを考えると良いようです。
外に出す雄猫は、放浪もしないし、ストレスと病気のリスクの軽減、かわいそうな野良を殖やさないためにも是非するべきです。
何より、飼い猫は性格もおとなしくなるし、飼い易さは格段です。
私の飼ってた猫は、一歳になる前に去勢しましたが、性格も穏やかで、粗相も一度もなく、本当にお利口でした。

それにしても、雄のクロちゃん、たまにしか見ないし、一匹狼。
● ● 無しなのに、可愛い雌猫探して、放浪してるかと思うと、なんだかなぁ~・・・。
ちょっと哀れ・・・・・・・・。

クロに関する詳しい情報はこちらをご覧ください
トラに関する詳しい情報はこちらをご覧ください
ヤンヤンに関する詳しい情報はこちらをご覧ください
愛想なしに関する詳しい情報はこちらをご覧ください
茶に関する詳しい情報はこちらをご覧ください

スポンサーリンク

気に入った情報だったら拡散してくださいね

よかったら購読してやってください

トップへ戻る