猫にご法度の食べ物

「よく食べるから」と言って実は猫ちゃんたちに害となる食べ物を与えていませんか?室内飼育されている飼い猫はもちろん、いつもお腹を空かせている野良猫ちゃんや地域猫ちゃんたちは何でも食べてしまいます。いろいろな人がエサをあげる機会が多いからこそ「食べさせてはいけない」食物を知って長く健康に過ごせるようにしてあげましょう。

先日もいつもエサが置いてある場所で「サバの缶詰」や「コンビニ惣菜の容器」が置いてありました。これを食べたかと思うと猫ちゃんたちが心配でなりません。

昔ペットショップで

  1. 甘い・辛い・しょっぱいものは与えてはいけない
  2. ネギ類は血液を余計にサラサラにしてしまうので与えてはいけない
  3. タコ・イカ・エビ・青魚は与えてはいけない

と教わったことがあります。漠然としているので、もう少し具体的に「猫にご法度の食べ物」を紹介します。

イワシ、サンマ、サバなどの青魚

 猫の内臓で分解しにくい不飽和脂肪酸を多く含むので、なるべく与えないようにしましょう。やむなく与える場合には必ず水で茹でてから与えるようにします。煮汁は不飽和脂肪酸が溶けだしているので与えないようにしましょう。

イカ・スルメ

 生のイカは、急性のビタミンB1欠乏症を起こし、嘔吐したり歩行困難になる場合があります。

タコ、エビ

 大量に食べたり、生のまま食べると下痢をおこしたりてんかん様発作を起こすことがあります。

チョコレート、ココア

 チョコやココアを与えると成分が心臓と中枢神経を刺激するほか、テオブロミンという酵素を分解できず中毒症状が起こり、下痢、嘔吐、興奮、痙攣、呼吸困難などの症状が出たり、最悪の場合は急性心不全を起こすこともあるようです。

ケーキ

 生クリームに含まれる脂肪分が好きなので良く食べますが、ケーキやチョコは糖分が多く、糖分を分解するためにカルシウムやビタミンB1を消費するため肥満の原因になったり内臓障害を起こす危険性があります。与える場合は糖分を抑えた「ペット用のケーキ」を与えるようにしましょう。

ぶどう、レーズン(干しぶどう)

 食べ過ぎると、食べてからしばらくして嘔吐、下痢、食欲不振、腹痛などが起き、ひどい場合には数日後に急性腎不全を起こすことがあります。生ぶどうは体重1Kgに対して20g(5㎏の猫ちゃんなら100g)、干しぶどうは3g(5kgの猫ちゃんなら15g)で中毒になると言われています。

アボカド

アボカドを使ったペットフードも販売されているのでどうして?と思う方もいるかもしれませんが、アボカドの果実、種、葉、樹皮などに含まれるペルシンという物質が原因で、アレルギー症状や中毒反応を起こす場合があります。

ネギ類(長ネギ、玉ネギなど)、ニンニク

 血液中の赤血球を破壊する成分が含まれているため急性の貧血などを引き起こし、ひどい場合には死に至ることもあります。加熱調理しても成分が分解されないためこれらが入ったものやこれらが触れたものなどは絶対に与えないようにしましょう。人間の食事はネギやニンニクの入っていないものはないというほど使われていますので、人間用の食事・レトルト食品などは絶対に与えないようにしましょう。

じゃがいも、なす(ナス属ナス科の植物)

芽の根元で生成されるソラニンが嘔吐や下痢を引き起こします。人間でも同様の症状が出る位ですから猫ちゃんには絶対に与えないようにしましょう。

人間がアク抜きをして食べる野菜

栄養成分的に悪いということではなく、アクが体によくないためです。

たまご

 アレルギーの原因となる食物です。絶対に与えてはいけないということはないようですが、日常的に管理してあげることができない地域猫ちゃんには与えない方がいいと思います。


いろいろ考えると「猫ちゃん用のエサ=キャットフード」が一番安全なエサということが分かると思います。上記は一部でまだまだ害となり得る食品はたくさんあります。

ページ先頭へ