真菌感染症

真菌感染症の猫に見られる主な症状

最初は赤い色の小さなプツプツができ、さらに円形または楕円形に広がっていき、かゆみを伴うので自身で引っかいたりすることで悪化していきます。皮膚全体が固くなってしまうので、たくさんのフケが出たり、脱毛するなどの症状が見られます。こうした皮膚疾患は首回り、尻尾の付け根などから症状が現れることが多いので、撫でてあげるときなどにはちょっと気を付けてあげるようにするだけで発見できます。

真菌感染症の原因

真菌(カビの仲間)

真菌感染症の感染経路

感染した動物の皮膚や病変に触ることで感染します。また、これらの菌に汚染された衣類やカーペットなどからも感染することがあります。

ヒトへの感染はするか?

感染する可能性があります。人の症状は猫と同様で発赤や皮膚のただれ、かゆみなどが出ます。カビの仲間は治癒までが結構しつこいので、感染したことが確定したら市販の殺菌剤を使ったり、医師に相談するなどしましょう。

他の猫への感染を防ぐ方法

隔離するのが一番ですが、野良猫ちゃんたちはそうすることもできません。もしも皮膚の状態が悪い仔を見つけたら、獣医師に相談することをお勧めします。感染力はそれほど高くありませんが、一度つくと治癒までに長く時間がかかるのでなるべく清潔な環境を作ってあげるようにしましょう。
保菌状態では全く無症状なことが多いので、猫ちゃんを触ったあとは必ず手洗いするようにしましょう。


※この情報は自信の経験やさまざまなサイト、獣医師からのアドバイス、犬猫ブリーダーや管理されている方々のお話などを総合して書いています。可能な限り「正確な」情報をお届けしますが、知識の不足している部分や研究等の実態と異なる場合もありますのでご容赦願います。


ページ先頭へ